Event is FINISHED

裏打ち講座 PIGMENT LAB WORKSHOP Urauchi- Backing

Description

表装講座「裏打ち」

 

悠久の時を受け継がれて来た日本絵画が現在に到るまで発展し、受け継がれて来た影には表装技術がありました。この表装技術は絵画の構造と密接な関係があります。通常、日本の絵画に用いられる支持体である紙や絹はそのままでは脆弱で、それ故に保管や保存に優れた形態に仕立てなくてはいけません。またそれだけでなく、鑑賞可能な状態に仕立てる事も同時に行う事が要求されて来ました。この両方を兼ね備えた技術が、日本の絵画発展を支えてきたのです。

当講座は、紙や絹を支持体とし平面制作を行う方に、作品の鑑賞と保存のための基礎となる、和紙と裂地の裏打ち(肌裏打ち)の実習を中心に行います。また同時に表装についての座学も行っていくので知識と技術の両面を学んでいただける内容となっております。

講師は表装技術の中心地である京都で明治34年に開業し、4代に渡り表具師をされている物部泰典氏を京都よりお招きします。通常、見る事の難しい高度な技術と、物部氏が実際に表装をされた長谷川等伯などの屏風や掛軸などを例に講義を行っていただく、貴重な内容となっております。

平面作品(絵画・版画・写真)の制作に取り組んでおられる方や日本美術愛好家の方には是非お勧めの講座内容です。


持ち物

裏打ち実習用の10号サイズまでの紙や絹の作品。自作他作・絵・書・版画・写真印刷は問いません。裏打ち可能な作品かはピグモンまでお問い合わせください。また実習用の作品が御用意出来ない方はピグモンにて御準備致します。




講師

物部泰典 (有限会社 物部画仙堂) 表具師/京都造形芸術大学講師  

1993年     (有)物部画仙堂入社

1998〜2008年 京都造形芸術大学日本画コース(表具実習)助手

2008年     経済産業大臣指定伝統的工芸品「京表具」伝統工芸士登録

2009年〜    京都造形芸術大学 美術工芸学科日本画コース非常勤講師

2013年     (協)京都表装協会青年部 部長就任

2015年     石川県七尾美術館主催「長谷川等伯スペシャル座談会」登壇など


Sun Apr 8, 2018
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
PIGMENT TOKYO
Tickets
裏打ち SOLD OUT ¥13,000
Venue Address
東京都品川区東品川2-5-5 TERRADA Harbor Oneビル 1F Japan
Organizer
PIGMENT LAB WORKSHOP
772 Followers